実家の物置になっている離れがゴミ屋敷

実家を出てから10年以上が経過していますが、離れに甥っこが自分の部屋が欲しいということだったので片付けに行きました。最初は「掃除した所で住めるのかな?」と疑いたくなる程の惨状です。20畳ほどの広さの部屋に、天井近くまで荷物が詰め込まれていました。それをバケツリレーのように実弟と一緒に運び出し、外で実弟の嫁が分別をしてくれます。詰め込まれていたのは実弟の家族のものだけのように思えましたが、ほりだしていくと奥のほうからは私の10代の頃の荷物も出てきました。中には私が小学生の頃なので30年近く前のものまであります。生ゴミのようなものがあるわけではないのですが、仕舞いこんでいた部屋は空気が悪く、中からねずみのフンなども大量に出てきて、途中で気分が悪くなりもしました。平日の通える日はできるだけ通って、全てを片づけ終えるまで約1ヶ月掛かりました。途中で甥も片付けに参加してくれていましたが、次からはこんなゴミ屋敷になる前に片づけて欲しいなと痛感しました。片づけて床にマットを敷いてみると、びっくりする程キレイになって満足感は高かったです。