叔父の自宅がまるでお汚部屋でした。

ここ最近で本当に驚いたことがあります。

それは親族に中にまるで汚部屋で生活をしていた人がいたのです。
その人は母親のすぐ上にあたる叔父なのですが、6年前に奥さんと離婚をして、一人暮らしになっている事は聞いていました。
年明けには必ず家にも遊びに来ていた叔父ですが、ここ数年間は何の音沙汰もないので、母親と久しぶりに近隣の県に住んでいる叔父の家を訪ねました。

汚部屋の掃除ブログ 09
離婚と同時に家を売って、ワンルームのマンションに入居している叔父の部屋は玄関のポストからして、チラシが溢れだしてれいるので、嫌な感じを受けて、チャイムを鳴らすと、やっとのことで叔父が出てきました。

玄関から中へ入れてくれる気配がないのですが、その理由は玄関までに溢れて出すゴミや不用品と思われるものでした。
母が「なにこれ?」と怒るようにいうので、一瞬気まずくなりましたが、叔父もどうする事もできず、6年間のゴミや不用品を持て余していたいうので、母が早急に来てくれる、片付けとゴミを回収してくれる業者さんを手配して、落ち着きましたが、近く、自宅の近くの物件へ叔父を引越しさせる事になりました。