片付けができずに逆に観光地扱いされた件

大学時代一人暮らしをしていた。

通っていた大学は田舎ということもあり、学生の大半が一人暮らしや寮住まいだった。

実家から通うというのは知っている限り二人しかいなかった。

そんな状況なのでいきなりアポなしで部屋に来る。

汚部屋の掃除ブログ 03

というのがしょっちゅうだった。

ある時、部屋でぼーっとしてるといきなり部活の同期や先輩が家に来た。

アポも一切なく部屋も片付けていなかったのでかなり汚かった。

その汚れ具合が逆に面白かったらしく、アポなしでまた部屋に来る。

というのが何回も繰り返された。

片付けができない理由として感じたのが、片付けるとなんだか落ち着かないのだ。

おそらく、部屋が散らかってることで近くに何かがあると言う寂しさを無意識に紛らわしていたのかもしれない。

想像しづらいかもしれないけど、寂しいから部屋にぬいぐるみを飾るのと似ていると思う。

だから、部屋をたまに片付けてもなんだか落ち着かず数週間もしないうちにまた片付かない部屋に戻る。