ゴミ屋敷の不用品を片付けた

ひとりぐらしをしていた祖父を引き取ることになりました。
そのため、祖父が住んでいた家を片付けることにしたのです。
引越しをするときのものとしては、そんなに多くありません。
衣類等ぐらいで簡単でした。

ところが、その住んでいた家の片付けが大変でした。
それはなんといっても、いらないものばかりだからです。
いつものようにゴミの日に出せるものはいいのですが、それ以外のものもたくさんあります。
一人で暮らしていて、暮らしてきたものをほとんど捨てていないのではないかと思うほどでした。

そして一番困ったのは、それらの処分です。
不燃物が多く、それは片付けることができませんでした。
そこで不燃物を片付けてくれる業者に依頼をすることにしたのです。

依頼をすると、数人でとても素早く移動してもらうことができました。
ゴミを片付けたあとは、こんなに広かったのかと思うほど部屋が広いです。
その部屋にあるものを、ほとんど片付けてもらうことができたのでありがたかったです。